正しいドライヤーの乾かし方

山梨県中央市の傷まないカラーができる美容室シーリスのHPはこちら←クリック

★タオルドライ

まず、ドライヤーで乾かす前にタオルで水気を
とりましょう。

タオルで拭くときもゴシゴシ拭くのではなく
頭をタオルで押さえる感じで水気を取ってから
マッサージする感じで優しく拭き取ってください。

毛先も擦らずに押さえる感じで拭き取ってください。

 

★乾かす前に

水気を拭き取ったら、そのまま置かないで
すぐにドライヤーで乾かしてください。

15分以上置いてしまうと、髪が乾き始めてきます。

自然乾燥だったり半乾きするとキューティクルが
半開きになってるので、そこから水分が蒸発して
出ていってしまうので、乾燥してしまいます。

キューティクルが開いたままで寝てしまうと
枕の摩擦でキューティクルが剥がれてしまうので
髪がパサついたり、枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。

あと、髪は熱に弱いので同じ場所をずっと当ててたり
熱すぎるドライヤーで乾かしたり、乾かしすぎたり
すると、ドライヤーの熱で髪が焼けて傷んでしまいます。

美容師さんは乾かし方も熱の当て方も知っているので
美容室で乾かしてもらう時は大丈夫なのですが
自分で乾かす時は、必ず流さないトリートメントを
髪全体になじませてから粗めのコームで優しくとかしてください。

とかさないで乾かしてしまうと、乾かすときに
髪の毛同士が絡まってしまうのでそのまま
乾かしてしまうと髪に癖がついてしまいます。

 

★ドライヤー

ドライヤーで乾かす時は、根元や襟足から
乾かしてください。

と言っても根元ばかりではなく全体的に熱が
いくようにいろんな方向から風がいくように
乾かしてください。

この時も、あまりドライヤーを近づけないように
してください。

だいたい親指と人差し指を広げたくらいはドライヤー
を離してください。

髪の毛のキューティクルは根元から毛先に
向かっているので全体的に8割らい
乾いてきたら根元から毛先に向かって風を
当てる感じでキューティクルを整えながら
乾かしてください。

ブラシを使ってブローする時もこのくらいで
ブローしてください。

完全に乾いてきたら、ドライヤーの風を
温風から冷風に変えて髪の毛を整えてください。

髪を冷ますことでキューティクルが引き締まり
髪の乾燥も防いでくれます。

 

このお手入れ方法をしっかりしていただいて
誰もか振り返るようなキレイな髪を手に入れてください。

 

 

山梨県中央市の傷まないカラーができる美容室シーリスのHPはこちら←クリック

山梨県中央市の髪の悩みを解決できる美容院
自然な縮毛矯正ができる美容室
傷まないパーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です