できない髪の毛」カテゴリーアーカイブ

なぜ、痛むと縮毛矯正(ストレートパーマ)ができないのか?〜山梨県中央市の美容室シーリス〜

 

 

山梨県中央市のトリートメントを使わないヘアサロンのLPはこちら】←クリック

【山梨県中央市で美髪縮毛矯正ができる髪質改善美容院シーリスのHPはこちら】←クリック

 

 

こんにちは、シーリスのくぼたです^^

 

髪がダメージしてきて痛みがひどいと、パーマや
縮毛矯正(ストレートパーマ)を断られることがあります。

 

それと一緒で美髪矯正もお断りする場合があります。

 

それはなぜか・・・?

 

 

髪が壊れてしまう危険性があるからです。

 

 

☆壊れるとは・・・?

 

髪が壊れるとは、髪の形を作るためのモノがない状態で
ブローセットやアイロンセットもできなくなる状態のことです。

もちろん、パーマや縮毛矯正などは絶対にできません。

 

既にその状態である方はお断りしてます。

 

 

 

☆なぜ、できないのか・・・?

 

 

髪が壊れるとパーマや縮毛矯正ができなくなる理由は
髪の形を変えるために髪の中のつながっているピースを
つなげ変えなければなりません。

 

繋ぎかえるだけのピースがあればできますが、そのピースが
足りない状態では形を変えることは不可能になります。

 

髪質改善ができる美髪矯正も一緒です。

 

 

 

 

☆髪が壊れる理由

 

 

髪が壊れる理由をわかりやすく例えると糸がいいと思います。

 

髪がしっかりしていて丈夫な状態は、糸がたくさん密集して
ロープのような引っ張ってもビクともしないような状態です。

 

カラーやパーマをしてダメージすると、糸が少しずつ切れてきます。

 

一度切れて離れてしまった糸は元に戻すことはできません。

 

 

ダメージしてきてどんどん糸が少なくなってくると、強度が弱くなってきます。

 

パーマというのはその糸を繋ぎかえるのですが、繋ぎかえる時に一度切り離れた
状態になります。

 

すべての糸を切り離してしまうとその部分からなくなってしまうので
そうならないように切らない糸も残しながらつなぎ合わせています。

 

糸の数が少ないと支えるだけの糸がないので、切り離した時に
切れてなくなってしまいます。

 

糸が少なく、繋ぎかえるだけの糸の数がない状態を『髪が壊れた』
と言います。

 

 

☆美髪矯正とは?

 

美髪矯正は切れかけの糸をつなぎ合わせるという技術です。

 

既に切れてしまった糸をつなぎ直すことはできませんが、
切れそうな糸をつなぎ合わせて切れにくい状態にします。

 

髪がしっかりしているほど綺麗にできる確率が上がるのは
そういうことです。

 

 

『シルクレッチ』は、繋ぎかえる糸の数が少ない分
リスクは低いですが、綺麗になるレベルも低いです。

 

 

『美髪縮毛矯正』は繋ぎかえる糸の数が多いので
うまく行った時の綺麗にできるレベルは高いですが
ダメージするリスクも高くなります。

 

 

美髪矯正って傷まないんじゃないの?

 

 

美髪矯正とは、髪を綺麗な髪にするための技術であって
リスクがゼロなわけではありません。

 

ですので美髪矯正ができる称号のある美容室でしか『美髪矯正』が
扱えないようになっています。

 

美髪矯正の研修ができない美容師さんが生半可に覚えて
やってしまえば、よくなるはずの髪も傷んでしまいます。

 

 

シーリスでは『美髪矯正』称号をいただいてますので
しっかりとメニューとして名前を打ち出せます。

 

 

ただ、
美髪矯正が可能な髪はブリーチしていなかったり
ビビリ毛でなかったり、ダメージしすぎていない髪の状態の場合は
綺麗に整えることができます。

 

ダメージがひどくなると上記で述べたように改善が難しくなりますので
ご理解の上で施術を行ってください。

 

 

 

ただ、技術的にとどまるつもりはありませんので
もっともっと改善改良を重ねてより綺麗な髪にできるように
向上していきますので温かい目で見守ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的には通常の縮毛矯正は、縮毛矯正をかけた部分はかけません。

 

痛むと考えられているし、痛むやり方しか知らないからです。

 

 

縮毛矯正をかけた部分であっても髪の体力が十分にある状態でしたら
パサパサしている状態を綺麗な髪につなぎ合わせたほうが綺麗になります。

 

 

 

 

こちろのお客様も、中間から毛先は縮毛矯正がかかっていますが
乾燥して広がっていて毛先もチリチリしているのがわかります。

 

 

この状態のまま、根元だけ綺麗にかけたとしてもまとまらないままです。

 

そのパサつきやまとまらない部分を整えて扱いやすい状態にして
初めて、髪を綺麗にするための正しいお手入れができます。

 

 

 

パサついたまとまらないままの状態では、間違えたお手入れを繰り返して
一向に綺麗な髪にはなりません。

 

 

 

 

 

乾かしただけでトリートメントやオイルを一切つけていません。

 

ご自宅でのお手入れも特に何もする必要はありません。

 

この状態になって、綺麗な髪にすることができます。

 

これでも十分に綺麗ですが、整え切れない部分は少しずつ綺麗にしていきます。

 

 

また、綺麗な髪を維持したり今以上に綺麗にしていくには
今より髪を傷ませないことが秘訣です。

 

髪に負担をかけたらかけただけ傷んでいきます。

 

負担の大きい髪は、美髪矯正で綺麗になったとしても
少しの負荷で傷んでしまうので、傷まないように気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山梨県中央市のトリートメントを使わないヘアサロンのLPはこちら】←クリック

【山梨県中央市で美髪縮毛矯正ができる髪質改善美容院シーリスのHPはこちら】←クリック

店名 Ceris(シーリス)
住所 山梨県中央市山之神2038-11
場所 アピタ田富店から南方面へ200メートル先
定休 毎週月曜日・他3日不定休
時間 9:00~19:00(最終受付15:00まで)
電話 080-12015087
mil      time.is.life3@gmail.com

 

Instagramもやってます!

注:三日以内のご予約はお電話にてお願いします。
また、施術中は電話対応はしないので、着信がありましたら
折り返しご連絡いたします。
初めての方は「初めてです」と言っていただければご案内いたします。

メールやLineのご予約は①お名前(フルネーム)と②お電話番号と
③ご希望メニューと④希望のお日にちを記載してご連絡ください。

 

なぜ、不自然な縮毛矯正になるのか?〜山梨県中央市のトリートメント不要美容室シーリス〜

山梨県中央市のトリートメントを使わないヘアサロンのLPはこちら】←クリック

【山梨県中央市で美髪縮毛矯正ができる髪質改善美容院シーリスのHPはこちら】←クリック

 

こんにちは、シーリスのくぼたです^^

 

 

縮毛矯正に抵抗がある方の多くは、不自然なストレートになることが原因です。

 

なぜそのようになるのかを説明していきたいと思います。

 

まっすぐにはなったはいいけど不自然なストレートになったり、
髪がバサバサしていたんだりしたことがある方は抵抗を感じると思います。

 

そのようになる理由としては、、、

 

美容師さんは、しっかりとストレートにしようと思うからです。

 

 

 

こう聞くと、「当たり前でしょ!」と思われるかもしれませんが、
そういった概念を持っている美容師さんの方が不自然なストレートになる
ということが起こりやすいです。

 

 

どういうことかというと・・・

 

今は減ってはきていますが、『縮毛矯正はしっかりかかっていた方がいい』
というのが美容師さんの脳裏にあります。

 

それが根本にあるから、
基本的な理論や正しい考え方ができていない美容師さんが
このような考え方で施術を行うと、不自然なストレートに
なるということが起こってしまいます。

 

 

最初の縮毛矯正はうまくいったとしても2回目、3回目と
やったいくうちに不自然な感じになってしまったりという
ことが起こります。

 

 

 

「プロなのにそのくらい調節できないのかよ!」

という声が聞こえてきそうですが、
ミリ単位で調節ができる美容師って世界中探しても
ほとんどいない、というかいないかもしれないくらいです。

 

 

極めた技術者であっても、自在に調節するのが難しいものということです。

 

そのようなものを何もわかっていない技術者がやったとしたら・・・。

 

不自然であってもまっすぐになっているだけラッキーだと思った方がいいです。

 

 

 

ただ、まっすぐになりすぎた髪は元には戻らないので気をつけてください。

 

 

 

シーリスでは、初めての方の場合はしっかりととかけてほしいという
方以外は少し手加減してかけることが多いです。

 

初めての方の場合は、髪の状態が把握しきれないため
少しずつ調節していくためです。

 

伸ばせる体力があるうちは調節ができるからです。

伸ばしすぎたら何もできないですからね。

 

 

 

 

 

こちらの方は初めてのお客様です。

 

ぱっと見はクセが強く見えます。

 

 

通常の美容師さんの場合は、ある程度強めの薬剤で
しっかりと伸ばすのでしょうか?

 

それとも、ダメージがあるので優しい薬剤で様子を見るのでしょうか?

はたまた、保護剤をつけてから強い薬剤で責めるのでしょうか?

 

 

 

薬剤の選択は美容師さんのやり方があるので正解はないですが、
この中でも、明らかに危険なやり方があります。

 

 

 

 

 

 

 

それは、
保護剤やトリートメントなどをつけて行うことです。

 

 

 

安全と思われがちですが非常に危険なやり方です。

 

 

薬剤をつける前に被せてしまったら、今の毛髪に合った
薬剤が使えなくなるからです。

 

上からかぶせてしまえば、薬剤が浸透しにくくなるので
必要以上に強い薬剤を使わなければいけないので
実質、髪を必要以上に傷ませてしまうことになります。

 

 

 

 

 

シーリスでは、初めてのお客様の場合はしっかりと施術歴やお手入れの仕方を
伺った上で施術に入ります。

 

 

根本、中間、毛先と施術歴や髪のダメージが異なるため
薬剤ややり方を分けていくためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

表面を見ただけだとクセが強いように感じましたが、中を見てみると
そんなにクセが強いわけでもなさそうです。

 

おそらく乾燥やダメージによるうねりだと考えられます。

 


根元の毛はある程度しっかりしているので、その点も考慮して
トータルで薬剤や施術工程を考えてやっていきたいと思います。

 

 

目標は綺麗な自然なストレートです!

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?

 

トリートメントなしブローなしで乾かしただけです。

 

髪がしっかりとしていたのが良かったです。

 

 

 

お客様も満足していただけました。

 

乾かしただけでこのようになるので、お手入れ楽チンです。

 

 

お家でのお手入れは、市販の内容成分の薄いシャンプーとリンスだけで
他は何もいりません。

 

 

チョー楽すぎて不安なくらいだと思います。

 

 

 

 

 

 

今現状はまだ間に合う髪を綺麗にすることが可能になりました。

 

次に目指すのが、ブリーチ毛や縮毛矯正で傷んだ髪を綺麗にすることです。

 

その次が軟毛や細毛で傷んだ髪を綺麗にすることです。

 

最終的には、改善可能なビビリ毛を治すことです。

 

 

 

縮毛矯正はやればやるほど、知れば知るほど奥が深すぎます。

 

 

毎回、自分の実力がまだまだなのが痛感させられます。

 

 

 

傷んだ髪を簡単に治す方法はありませんが、
傷んだ髪を治す技術や方法は存在します。

 

 

その方法と技術があるのが、山梨ではシーリスだけです。

 

 

ただ、
今は改善できるレベルが低く、難易度が高い髪は
傷んでしまう危険性もあります。

 

 

基本的には、そのような髪の方はお断りしています。

 

 

もっともっと、実力をつけていきますので完全態になるのを
楽しみに待っていてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸、

 

 

 

友人が作っている『五味ファーム』の武川米。

 

食べるのが楽しみです!

 

山梨県中央市のトリートメントを使わないヘアサロンのLPはこちら】←クリック

【山梨県中央市で美髪縮毛矯正ができる髪質改善美容院シーリスのHPはこちら】←クリック

店名 Ceris(シーリス)
住所 山梨県中央市山之神2038-11
場所 アピタ田富店から南方面へ200メートル先
定休 毎週月曜日・他3日不定休
時間 9:00~19:00(最終受付15:00まで)
電話 080-12015087
mil      time.is.life3@gmail.com