正しいシャンプーの仕方

【山梨県中央市の傷まないカラーができる美容室のHPはこちら】

★すすぎ

まず、シャンプーの前にしっかりすすいでください。
すすぎだけでも80~90%の汚れは落ちてしまいます。

あと、お湯の温度はあまり厚くしない方がいいです。
できたら、38度くらいの温度がいいです。

もし、ぬるいようなら少しだけ温度を上げるか
湯船に浸かって、体を温めてから洗ってください。
多少、ぬるくても気にならないですよ。

★シャンプー

みなさん、結構間違えている方が多いと思うのですが
シャンプーは、ゴシゴシ擦らないようにして下さい。

髪や頭皮が濡れている状態の時は、髪や頭皮が
デリケートになっているので、その状態で
摩擦を加えてしまうと、頭皮や髪が傷ついて
しまうので、
乾燥やパサつき枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。

しかも、洗浄力の強いシャンプーで強く
こすってしまったらなおさらです。

 

「ゴシゴシ擦らないと汚れが落ちない気がして・・・」
とよく聞くのですが、すすぎの時にしっかり
すすいでいれば、ほぼ汚れは落ちているので
大丈夫です。

 

まず、シャンプー剤をつけるときは頭皮に
直接つけるのではなく、
手で泡立てたり髪につけて泡立ててからシャンプーして下さい。

しっかり泡立ったら、下から上に向かって
頭皮をマッサージする感じでシャンプーして下さい。

 

★流し

シャンプーの流しはしっかり流してください。
シャンプー剤が残っていたりすると肌荒れの
原因になってしまいます。

シャンプーの倍くらいの時間をかけてしっかり流しましょう。

 

山梨県中央市のトリーメントで栄養補給ができる美容院
山梨県中央市のヘアケア・ヘアエステサロン

【山梨県中央市の傷まないカラーができる美容室のHPはこちら】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です