髪を傷ませずにアイロンをする方法

 

アイロンは、ストレートにしたりカールをつけたりと
便利なものなのですが
気をつけて使わないと髪を傷ませてしまいます。

 

髪は熱に弱いので高い温度で長い時間のアイロンは
オススメできません。

 

健康な髪の場合でも180℃の熱で10秒
カラーやパーマをしている髪でしたら
120℃〜130℃で10秒が限界です。

それ以上、熱を与えてしまうと確実に傷んでしまいます。

あまり髪が傷んでしまうとカールを作っても
キレイにカールが出なかったり
まとまらなかったりしてしまいます。

 

それでは、髪に負担の少ないアイロンの仕方を
お伝えしたいと思います。

 

  • 傷まないアイロンのコツ

温度が高いからといって形がつくわけではありません。

低温でも熱を冷ます時にしっかりと形を作ってあげれば
形が作られます。

 

  • カールを長持ちさせるコツ

 

  1. 120℃〜130℃の低温で5秒間かけて
    カールを作っていく。
  2. カールを作った形を10秒間キープしながら冷ます。

この2点をすることで、形が決まりカールの持ちも
よくなります。

低温ですることで髪の負担もほぼありません。

 

  • 注意する点

アイロンをする時は完全に髪を乾かしてから
アイロンをしてください。
水分が蒸発する時に髪がダメージしてしまいます。

まとめてするのではなく、幾つかに毛束を分けて
アイロンをする。
毛束が厚いとキレイに形が作られません。

 

 

  • アイロン

アイロンはプレートにコーティングをされていて
すべりのいいものを選んでください。
すべりの悪いものだと摩擦で髪に負担がかかってしまいます。

 

ストレートアイロンの場合はアイロンで引っ張りながら
伸ばさないでください。
アイロンの熱だけでも十分伸びます。

アイロンで引っ張らまいように、反対の手で髪を引っ張り
アイロンは優しく通すだけにしてください。

 

わからないようでしたら
気軽に聞いてくださいね^^

 

髪の知識まとめ←クリック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です